気になる言葉館 PCHOME
スマホHOME
↓↓ 気になる言葉:グーグル検索 ↓↓
言葉遣い

〔ず〕と〔づ〕の使い方


 日本語の中で、発音が同じなのに使用する文字が異なりよく間違いやすい言葉があります。

 その典型的なのが、〔ず〕と〔づ〕の使い分けや〔ぢ〕と〔じ〕の使い分けです。

 これらの言葉を完全に使い分けるのは、いくら考えても中々難しいです。

 〔ず〕や〔づ〕のつく大抵の語には、対応する漢字表現があるので、迷うときは漢字を濁点なしで読んでみて考えると〔ず〕と〔づ〕のどちらが正しいか見当がつくことがあります。

 しかし、それができない言葉や、例外的な言葉も多数あるので、結構面倒です。結局、できるだけ漢字を使って表示するのがポイントということかも知れません。

HOME気になる言葉言葉遣い
人名漢字故事名言
ことわざ四字熟語閑話放題
新語流行語分野別言葉サイト情報
 
敬語の使い方〔じ〕と〔ぢ〕
〔ず〕と〔づ〕記号の意味
 
言葉遣いの概略内容  
 話し言葉ではさして問題にはならないのですが、書き言葉で結構難しいものに、〔ず〕と〔づ〕の使い方があります。

 〔ず〕と〔づ〕の使い方や、〔じ〕と〔ぢ〕の使い方などは、1986年に内閣告示によって発表された〔現代仮名遣い〕の中に示されているのですが、それでも使い方を理解するのはとても難しいです。

 このページでは、このような紛らわしい、あるいは間違いやすい言葉遣いのうち、〔ず〕と〔づ〕の使い方の例を示しています。
 

じとぢの使い分け 〔ず〕 と 〔づ〕 の使い分けの説明。
〔ず〕の付く言葉  〔ず〕の付く言葉の例を示します。

〔ず〕の付く言葉の例
読み 漢字表現 備考
あずける 預ける
あせみずく 汗水漬
いずれ 何れ
いなずま 稲妻
うでずく 腕尽
うなずく 頷く
おとずれる 訪れる
おのずから 自ずから
かしずく 傅く
かたず 固唾
かねずく 金尽
きずく 築く
きずな
くずれる 崩れる
くんずほぐれつ 組んず解れつ
さかずき 杯、盃
さしずめ 差詰め
ずが 図画
ひとつずつ 一つずつ
すこしずつ 少しずつ
つまずく 躓く
てずから 手ずから
でずっぱり 出突っ張り
ときわず 常磐津
なかんずく 就中
ひざまずく 跪く
ほおずき 酸漿
みみずく 木莵
ゆうずう 融通
りゃくず 略図

〔づ〕の付く言葉  〔づ〕の付く言葉の例を示します。

〔づ〕の付く言葉の例
読み 漢字表現 備考
あいそづかし 愛想尽かし
うらづける 裏付ける
かたづく 片付く
けづめ 蹴爪
こころづくし こころ尽くし
こづかい 小遣い
こづく 小突く
こづつみ 小包
ことづて 言伝て
たづな 手綱
ちかづく 近付く
つくづく
つづく 続く
つづみ
つづら
つねづね 常常
つれづれ 徒然
てづくり 手作り
にいづま 新妻
ねばりづよい 粘り強い
はこづめ 箱詰め
ひげづら 髭面
ひづめ
ひとづて 人伝
みかづき 三日月
みちづれ 道連れ
もとづく 基づく
ゆきづまる 行き詰る
わしづかみ 鷲掴み