HOME気になる言葉館 現在:PC版スマホ版へ移動
気になる言葉

キッザニア東京



 キッザニア東京とは、「Kidzania Tokyo」の略で、株式会社キッズシティージャパンが運営する「体験型商業施設」です。

 この施設は東京都江東区豊洲二丁目のアーバンドック ららぽーと豊洲内にあり2006年10月5日にオープンしました。

 ここでは、基本的に2~12歳の子供、および一部13~15歳の中学生だけが、仕事体験しながら多くのことを学ぶことができます。


 この限られた世界は、一つの社会になっていて、この中だけで通用する通貨を使い、実社会での職業や仕事と全く同じことをすることで子供たちは学び、そして成長することを希求している。

 ここは子供たちだけの世界なので、子供たちの保護者としての大人たちは館内に入ることは出来るが、仕事体験はできない。

 大人たちは、完備された「保護者ラウンジ」でテレビを見たり、雑誌を読み、インターネットを楽しんで子供たちが仕事体験を終えるのを待つことになる。
 現在、約70ほどのパビリオンがあって、子供たちは実社会のほとんどの職業のどれかを体験することができる。

 開園は年中無休で、開園時間は完全入れ替え制の〔1部(10:00~15:00)〕と〔2部(16:00~21:00)〕に分かれている。

 入場は予約制で、学校・団体単位でのみ予約できる。入場料金(消費税込)は、幼児(2~3歳)が1,500円、こども(4~15歳)が3,000円、大人(16歳以上)が2,000円となっている。また、障害者は半額である。