HOME気になる言葉館 現在:PC版スマホ版へ移動
言葉遣い

言葉遣いとは



 〔言葉遣い〕とは、場面に応じた言葉の選び方や言葉の使い方、物の言い方などを指しています。話し言葉では、友達や同僚と話す言葉と会社の上司や目上の人に話す言葉は自ずから異なるものです。

 同様に、お客さまに話す言葉も異なります。特に目上の人やお客さまに対しては敬語の使い方が重要になるのは言うまでもありません。

 言葉遣いを間違えたために、「出来の悪い奴だ」とか「礼儀を知らない奴だ」などと言われないようにしたいものです。



気になる言葉:五十音順気になる言葉:ABC順気になる言葉:分野別言葉閑話放題言葉遣い
人名漢字新語流行語故事名言ことわざ
四字熟語難読漢字語源由来空白空白
 
敬語の使い方〔じ〕と〔ぢ〕〔ず〕と〔づ〕記号の意味
 
概略内容
 〔言葉遣い〕はとかく難しいものです。話し言葉でも、書き言葉でも、あるいは上司やお客さんに対する言葉でも、相手によって自ずから言葉は変わらなくてはいけないからです。

 このコーナーでは、〔敬語の使い方〕や、〔じとぢの使い方〕〔ずとづの使い方〕そして〔言葉にまつわる記号の意味〕などを紹介しています。


言葉遣いの要点 〔言葉遣いの要点〕の説明。
相手によって言葉は違う  話し言葉では、その言葉が使われる場面に応じて正しく使わないと、「言葉遣いが悪い」とか「礼儀を知らない奴だ」とか言われることになります。

 書き言葉では、自分のメモや日記に書く言葉や友達に出すメール言葉と、会社の上司や顧客に出す手紙に書く言葉では自ずから異なります。目上の人や顧客に対しては尊敬の念を込めた敬語が正しく使われていないと、「できの悪い奴だ」とか「だらしない会社だ」などと評価されることになってしまいます。

 正しい話し言葉や書き言葉が使えないと他人から信用されなくなり、決してよいことはありません。そのような人には、「知識の問題」や「人に対する意識の問題」「感情のコントロールの問題」などの欠陥や問題があるとされています。このようなことは一朝一夕には正せないのですが、努力すれば誰でもそれなりの言葉を使えるようになるので努力が必要です。

 近年、言葉遣いの中で、特に重要だと認識されるものがあります。それは、科学者などが残す記録です。この場合には、実験結果などを詳細に正確に記述することが要求されます。特許出願などにおいて、優先権を主張したり、法的な争いを戦うために必要となります。

 さて、このコーナー「言葉遣い」では、「敬語の使い方」や、「じとぢの使い方」「ずとづの使い方」そして「言葉にまつわる記号の意味」などをご紹介しています。