HOME気になる言葉館 現在:PC版スマホ版へ移動
気になる言葉:ABC順

QUOカード



 QUOカード(クオカード)は、(株)CSKホールディングの傘下にある「(株)クオカード」が発行する汎用型のプリペイドカードです。

 現在ではプリペイドカードというものはとても多いです。

 中でもQUOカードは、利用できる加盟店の数が 36,000 店舗もあり、加盟店の種類が多いのも特徴で、極めて便利なカードとして人気がでています。


QUOカードの使える店舗  QUOカードは全国共通のプリペイドカードで、左のようなステッカーのある店舗での代金の支払いに使用可能です。品物を購入した際の会計時に、レジでカードを出すだけでOKです。

 QUOカードは全国共通のプリペイドカードで、左のようなステッカーのある店舗での代金の支払いに使用可能です。品物を購入した際の会計時に、レジでカードを出すだけでOKです。

 プリペイドカードとしてのクオカードは、年齢や性別を問わず、24時間365日を通じて、身近なカード加盟店の店舗で利用できることから、ギフトカードとして使われることも多くなりました。

 多くの企業や団体では、ギフトや販促ツールの一つとして、カードの表面にその企業や団体独自の意匠や趣向を凝らしたクオカードを作り、企業や団体の各種宣伝活動に利用しています。

 また、インターネット上の懸賞サイトや、アンケートサイトなどでは、従来は謝礼として図書券や図書カードを配布するのが普通でしたが、最近ではクオカードを配布する例が多くなっています。

 このカードは一度に使い切らなくても、残額はカードに記憶されているので、次回の買い物時に使用できるし、カードの額面だけでは不足する場合には、現金で補うこともできるから便利です。

 尚、QUOカードには、非常に多くの店舗で商品の購入に利用できる便利さがありますが、公共料金やプリカ、印紙、切手、タバコ、チケットなどの支払いには使用できない点には注意が必要です。


QUOカードが使えるお店 〔QUOカードが使えるお店〕の紹介です。
QUOカードに対応するお店  現在、QUOカードが使用できるお店には次のようなものがありますが、具体的にQUOカードが使えるお店の例も紹介しておきます。

 ・コンビニエンスストア
 ・ファミリーレストラン
 ・ガソリンスタンド
 ・ドラッグストア
 ・書店
 ・CDストア
 ・トイショップ
 ・ゴルフショップ

QUOカードの使えるお店
コンビニ  ・セブンイレブン ・ファミリーマート ・ローソン
 ・ポプラ ・生活彩家 ・くらしハウス ・スリーエイト
 ・その他各コンビニ店舗
ファミリーレストラン  ・すかいらーく ・ガスト ・バーミヤン ・夢庵
 ・グラッチェガーデンズ ・藍屋 ・魚屋路
 ・焼肉 ・ほたる苑 ・デニーズ
 ・その他各ファミリーレストランの店舗

ガソリンスタンド  ・ENEOS ・ゼネラル石油 ・コスモ石油
 ・JA-SS ・新日本石油

ドラッグストア  ・マツモトキヨシ

書店、その他  ・HMV ・ジュンク堂書店 ・博品館
 ・ゴルフプラザ アクティブ ・その他





QUOカードの金種 〔QUOカードの金種〕の説明。
QUOカードで使える金種  現在、QUOカードの金種には5種類があって、一部の金種では、若干のプレミアムがついている。つまり、購入価格よりも多くの金額が使えます。

 一部の金券ショップでは、このカードも商品として取り扱っています。  このカードを金券ショップに買い取ってもらうときは、額面の90%が普通です。また、金券ショップでこのカードを購入する場合には、額面の95~98%くらいで購入できるのが相場となっています。

 このカードをよく使う人はややお得であり、特に1万円券なら相当大きなメリットがでてきます。

 たとえば、金券ショップで、10000円券を額面の98%=9800円で購入して、10180円分使えることになるので、380円のお得となります。

 もしも、額面の95%=9500円で購入できれば、680円のお得となる計算です。

QUOカードの金種
500円券  販売価格=530円

1000円券  販売価格=1040円

3000円券  販売価格=3000円

5000円券  販売価格=5000円だが、70円のプレミアムが付く。

 利用可能金額=5070円。

 但し、プレミアムが付くのはコンビニなど加盟店で販売されているカードのみ。

10000円券  販売価格=10000円だが、180円のプレミアムが付く。

 利用可能金額=10180円。

 但し、プレミアムが付くのはコンビニなど加盟店で販売されているカードのみ。