HOME気になる言葉館 現在:PC版スマホ版へ移動
気になる言葉:ABC順

VIP:要人・超重要人物



 VIPは「Very Important Person」の略号で、要人や超重要人物のことを表す言葉です。

 読み方は「ヴィップ」とか「ブイ・アイ・ピー」ですが、後者の方がやや一般的である。

 VIPとは、もともと、社会的、政治的に高い地位や身分を有する人のことで、国家であれば、皇族、王族、国家の元首、大統領、総理大臣、首相、閣僚、主席などがそれに相当する。


 このような要人の場合には、どこに出かける場合にも、屈強な護衛官がつくような重要人物に用いられる言葉である。そして、VIPを迎え、接遇する側では、VIPではなく「賓客」と呼ぶ。

 VIPの中でも、皇室や王族、貴族、国家の元首、大統領、総理大臣、首相など移動する場合には、護衛官がつくだけでなく、通過する道路などについても、交通規制や道路の一時封鎖など厳重な警備が敷かれる。

 最近では、このような国家の要人に限らず、巨大な多国籍企業の経営者や国会議員、会社内やいろいろな組織・団体などのトップや代表などが、一種の敬意を表す用語として、VIPと呼ばれるようになった。

 はたまた最近では、有名芸能人、著名なスポーツ選手、映画俳優、お笑いタレント、怪しげな巨乳女性や占い師までもがVIPと呼ばれるようになり、本来のVIPの言葉に対しては、かなり的外れな使い方もされているのが現状である。

 それはともかく、国家の要人であれ、会社の社長であれ、VIPたる者にはそれなりの風格があり、出向くところではいつも、特別待遇を受けるのが普通である。