HOME気になる言葉館 現在:PC版スマホ版へ移動
気になる言葉:ABC順

YS-11



 YS-11は、第二次大戦後初めて日本のメーカーが開発した純国産旅客機です。

 YS-11を製造したのは、日本航空機製造で、この機は双発ターボプロップエンジン方式の旅客機となっています。

 YS-11は短い滑走路から離発着できる中型の旅客機として開発されました。


 1962年の初飛行以来、通産182機が生産され、そのうちの181機が販売され世界に羽ばたいていきました。

 初飛行から40数年が経過し、老朽化のために、2006年9月30日に日本の空を飛ぶことが出来なくなり、日本国内の民間定期航路より引退しました。

 民間定期航路よりの引退後においても、YS-11の改造機は、自衛隊の輸送機などとして運航を続け、2013年現在でも数機が残っています。


YS-11の雄姿 〔YS-11〕の雄姿です。
YS-11の雄姿
YS-11の写真
 
(出典:JAL航空機コレクションサイト)
 YS-11は、技術的には成功した優れた飛行機であったが、経営的には苦しい場面が多かったとされています。

 YS-11機の撤退によって、日本の航空機産業が終焉を迎えてしまったこと、蓄積した技術やノウハウが引き継がれなかったことが残念でした。

 YS-11は、日本ですべて引退した後も、フィリピンのマニラ空港などでは、約10機ほどがあり、内5機は飛べる状態にありました。日本では飛べなくなった飛行機でしたが、しばらくはフィリピンの国内線では飛行を続け、2012年頃までは運行していました。