HOME気になる言葉館 現在:PC版スマホ版へ移動
気になる言葉

アパレル



 アパレルという言葉、これは英語の「apparel」からきていますが、最近よく耳にする言葉ですね。

 このアパレルという言葉は既に日本語になっていますが、簡単にいえば「既製服」「衣服」「服装」という意味合いです。

 アパレルというと既製服という本来の意味と、既製服業界とかアパレルメーカーなどを指す言葉としても使われます。


 アパレルメーカーとは、既製服を企画し、デザインして生産ラインをつくり大量生産して、小売店に卸すまでを行なう業種のことです。

 この場合の生産ラインというのは、必ずしも大きな工場という意味ではなくて、いろいろな小さな縫製業者などを使っての製造、中国など海外でのアパレルメーカーによる既製服の製造も意味しています。

 アパレルメーカーというのは、婦人服や紳士服、子供服などの既製服を製造する企業や個人営業の会社を指します。