HOME気になる言葉館 現在:PC版スマホ版へ移動
気になる言葉

プルトニウム型核爆弾



 実質的には敗戦が目に見えていた昭和20年8月、第二次世界大戦の終結を図るためという理不尽な理由のために、日本は、米国により広島と長崎に原爆を投下されました。

 このときの死者数は20万人にもなりました。

 そして、北朝鮮までもが核兵器を保有するようになった現在、日本は更なる核爆弾の脅威に晒されているのです。


 現在、全世界に存在する核兵器の数は3万個もあるとされている。第二次世界大戦が終結後に、何度となく核兵器の残酷さが唱えられ、核軍縮が話し合われたが、結局何の成果を見ることもなく、このような事態になってしまったのである。

 核兵器とは一体どのような原理と仕組みで作られるのか考えてみた。たった1グラムのウランが石炭3トンものエネルギーに匹敵することからも分かるように、核兵器の恐るべき威力は絶大であり、それ故に、これを保有する国は国際的に一定の影響力を誇示することができる。一度、核兵器を魔力を手にした国は決して手放したりはしないのである。

 更に、北朝鮮のような自制心のない国までもが核爆弾を持つようになると、これがいつ国際テロ組織に渡らないとも限らない。愚かな政府が支配する北朝鮮は、全国民が困窮のために滅亡するなら、それと引き換えに日本をも滅亡させてやろうということを真剣に考える国だから、本当に困ったものである。

 2015年6月16日付の読売新聞によれば、現時点での事実上の核爆弾保有数は左図の通りとなっている。(原典は〔ストックフォルム国際平和研究所調べ。推定値〕)

気になる言葉:五十音順気になる言葉:ABC順気になる言葉:分野別言葉閑話放題言葉遣い
人名漢字新語流行語故事名言ことわざ
四字熟語難読漢字語源由来空白空白
 
あ行か行さ行た行な行
は行ま行や行ら行わ行
 
はひふへほ
 
〔ふ〕で始まる言葉
プルトニウム型核爆弾
ファッション

 ロシア  7500
 米国  7260
 フランス   300
 中国   260
 英国   215
 パキスタン   100~120
 インド    90~110
 イスラエル    80
 北朝鮮     6~8


プルトニウム型核爆弾の威力 〔プルトニウム型核爆弾の威力〕の説明。
二種類の核爆弾  さて、本題のプルトニウム型核爆弾の話に移ろう。周知の通り、核兵器は通常爆弾のような化学反応ではなく、原子核で起こる原子核分裂や原子核融合を利用した、瞬時にけた外れのエネルギーを放出する爆弾である。

 核爆弾の代表的なものが、広島、長崎に投下された原子爆弾であるが、比較的単純な原子爆弾1個でも、TNT火薬に換算して1万トンほどの威力がある。近年の大型通常兵器の威力でさえも、広島や長崎に投下された原爆の僅か1%にも及ばないのだから、原爆の威力が如何に凄まじいか理解できよう。

 核爆弾は、大きく分類すると、核分裂を利用した原子爆弾と、核融合を利用した水素爆弾に大別される。更に、原子爆弾は高濃縮ウランを用いたウラン型原爆と、プルトニウムを用いたプルトニウム爆弾とに分かれる。

核爆弾の臨界質量  これらの物質を一定量集めて塊を作れば、自発的に急激な核分裂の連鎖反応を起こし、核爆発が起こる。即ち、このような物質を一定量製造しさえすれば、もう核爆弾はできたも同然なのである。

 連鎖反応を起こす最低限の量を「臨界質量」と呼び、ウラン235なら46.5キログラム、プルトニウム239なら10.1キログラムあれば十分である。これだけの核物質量を集めれば自発的に核爆発してしまうのだ。

 更に、核爆弾の場合、球体の中心部に核物質をおき、その周囲から通常火薬を爆発させて均一に圧力を加える「爆縮」を行うと、ウラン235の臨界質量は15キロとなり、プルトニウム239なら5キロとなる。このような工夫により、実質的な臨界質量は減少し、プルトニウムなら1キロちょっとで核爆弾はつくれるともいわれます。

長崎型原爆の構造
プルトニウム型核爆弾  プルトニウム型核爆弾は、左図に示すように、高純度に濃縮されたプルトニウムの臨界以上の量を、球体の中央部入れておき、その周囲を天然ウランのタンパー(突き具)層で囲み、更にその周囲に通常の化学爆薬を配置すれば完成する。

 化学爆薬の表面には、何箇所かの起爆装置が装着される。起爆装置に点火されると、化学爆薬は爆発するが、その爆発圧力は内部に向かって圧力が加わるような特殊な構造となっている。

 使用する瞬間に周囲の通常爆薬を一気に爆発させると、爆発力は天然ウランのタンパーを通して、全方向から中央部のプルトニウムに向けて、強力で均一な圧力となって加えられ核爆発を起こすのである。

 このような構造の核爆弾は「爆縮型核爆弾」と呼ばれ、長崎型原爆はこの型のものである。




核爆弾開発の歴史 〔世界の核爆弾開発の歴史〕の説明。
核爆弾開発の歴史  第二次大戦以降、世界の強国は核爆弾や核ミサイルの開発を行い、現在では核兵器の数が3万発にもなってしまったが、現在までの核兵器をめぐる出来事をまとめてみた。

主な核爆弾の開発歴史
 1905年  アインシュタインが特殊相対性原理を発表し、核の威力を発見
 1938年  ドイツのオットー・ハーンらが核分裂発見
 1940年  米カリフォルニアでプルトニウム発見
 1945年7月  米国が初の核実験実施
 1945年8月  米国が広島、長崎に原爆投下、20万人死亡
 1949年9月  ソ連の核実験を米国が発表
 1952年10月  英国が初の核実験
 1954年3月  第五福竜丸が水爆実験の死の灰で被爆
 1957年7月  国際原子力機関IAEA設立
 1960年2月  フランスが初の核実験
 1963年8月  米英ソが部分的核実験禁止条約に調印
 1964年10月  中国が初の核実験
 1968年7月  核拡散防止条約NPT調印
 1974年5月  インドが初の核実験
 1993年3月  南アが過去の過去の核兵器製造と解体を公表
 1995年9月  フランスが核実験再開
 1996年9月  国連が核実験全面禁止条約CTBT採択
 1998年5月  インド、パキスタンが核実験
 1998年8月  北朝鮮テポドンの発射実験
 2006年7月  北朝鮮がテポドン2などのミサイル発射実験
 2006年10月  北朝鮮が核実験実施を発表